賃貸経営などを行い収入を得る~大家さんになり家賃ゲッチュ~

利益を得る

お得に利用する方法など

家賃保証とは、管理会社(不動産会社等)に入居者の管理を委託することを指しております。これらのサービスを利用することにより、空家になっていても大家さんは利益が入るのがメリットとなります。 この家賃保証をお得に利用する方法ですが、人気のない物件地域での場合、このようなサービスを利用するのもひとつの方法として良いのではないでしょうか。 賃貸にだす地域の中で、過疎地域や学生が少ない地域など、需要が低い地域でこのようなサービスを利用すると、リスクヘッジになると考えられます。 家賃保証についてはメリットとデメリットがありますが、購入した物件(賃貸に出す物件)がマイナスにならないように試算するのが重要と考えます。

平均的な手数料について

家賃保証を利用した場合の平均的な価格については、10%から15%程度が相場のようです。これらの費用は管理費として支払いをいたします。 また、このサービスを使用すると敷金、礼金、共益費は大家側に入らないケースも企業側にあります。 なぜ、このような利益形態になっているかは、空き室率が10%を想定しているため、このような管理費事情があります。 家賃保証の契約には2通りあり、入居額の保証を行っている不動産会社と手取り額の保証を行っている不動産会社があります。 このサービスのメリットとしては手取り額を保証してくれる企業であり、それらを選択するとローンを組んだ場合でもリスクを減らすことができ安心ができるのではないでしょうか。