賃貸経営などを行い収入を得る~大家さんになり家賃ゲッチュ~

稼働率を高める方法

不動産会社との付き合いが稼働率を高めます

中古ワンルームマンションでも1棟アパートでも収益物件をいくつも保有して賃貸経営を行おうとしているのであれば、賃貸管理を任せる不動産会社をどこにするか、そしてその不動産会社との付き合いがとても重要となってきます。なぜならば、入居者となりうる人との接点を持つのは賃貸募集をかけてくれる不動産会社であり、自分の保有している収益物件を紹介してくれるかどうかはその不動産会社にかかっていると言っても過言ではないからです。収益物件の稼働率を上げるためには、定期的に不動産会社とコンタクトを取り、戦略を練っていくことが必要なのです。これは特別なことを必要としません。しばしば不動産会社へ顔を出せばよいくらいのことです。

不動産会社は3社くらいは掛け持ちしてよいです

賃貸管理をお願いする不動産会社をコロコロと変えるオーナーをしばしば見かけますが、不動産会社の担当者と信頼関係が築けていないのであればどこの不動産会社に行っても同じ状況です。もしも、他の不動産会社にも空室になっている収益物件の募集をお願いしたいのであれば、既存の不動産会社と新しい不動産会社の両方にお願いをしましょう。そうすることで、両社が競い合ってくれる可能性もあります。但し、あまり競合相手を増やしすぎると自分の手間ばかり増えますので、ほどほどにしておきましょう。また、空室が埋まった時には相応のお礼をしておくことが重要です。そうすることで、相手が自分のことを覚えてくれて、次の物件紹介の時には意識してくれる可能性があるからです。